忍者ブログ
RECENT COMMENT
RECENT ENTRY

ネジ工場

to be,to be,ten made to be
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
BG CHANGE
CLICK HERE!

12.15.03:36

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/15/03:36

05.29.08:42

映画の感想

コマンドー

[ストーリー概要]
退役軍人であるジョンはひっそりと山荘で一人娘のジェニーと暮らしていた
ある日そんな彼の元へ軍人時代の上司であるカービー将軍が訪れる
彼の話によると、ジョンが所属していた精鋭部隊コマンドーの元隊員が次々と殺害されているという
護衛を置いて去っていった将軍と入れ替わりに謎の武装集団に襲われ、娘を拉致される
必死に追いすがったジョンだが、健闘むなしく敵に捕まってしまう
そこにはバル・ベルデ共和国の独裁者・アリアス一味とかつての部下・ベネットがいた
ジョンは娘の命と引き換えにバル・ベルデ大統領の暗殺を強要される
はたして彼は娘の命を助け出すことができるのか


監督:マーク・L・レスター
主演:アーノルド・シュワルツェネッガー


ターミネーター出演後シュワちゃんが不動の地位を獲得した作品。
シャワちゃんの鍛え上げられた身体とアクションが見もの。

シュワちゃんが敵を片手で吊り上げるシーンや電話BOXを持ち上げて投げつけるシーンなど彼の怪力が存分に強調されています(ワイヤーとかなにも使ってないのかな?)。
シュワちゃんがアサルトライフルを乱射し、敵をなぎ倒していくシーンはかっこいいもののちょっと前にリドリースコット監督のブラックホークダウンなんて見てしまったから兵器を使用した戦闘シーンがすごくギャグに見えてしまいました。建物の外に仕掛けた爆弾がなぜか内部に作用したりとちょっとわけわかんないシーンもありましたし。
しかし、最終局面でのベネット戦。有名な蒸気抜きが見れたことには大変うれしく思いました(笑
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら